ホーム ホーム 日本共産党 お問合せ ツイッター
固定ページ

補助金の増額、低コスト工法を普及し、住宅耐震化の促進へ

(1面) 国の有識者会議がマグニチュード7クラスの首都直下地震が30年以内に70%の確率で起きると発表したのは2013年、すでに5年が経過しようとしています。その被害想定によれば、世田谷では建物倒壊が6千棟、死者が200人とされています。住宅の耐震化は待ったなしです。区内の住宅耐震化の目標はあと1万6千戸が求められています。しかし現状では、これまで527戸の耐震化のみ。住宅の耐震化が遅れています。私は区議会で、住宅耐震改修工事の低コスト工法を紹介・推奨し、区内業者に工法を普及することを求めました。
(2面)9条改憲阻止、消費税 %増税中止 野党と市民の共闘を前進させて、安倍政権を退陣させましょう  桜井みのる区議は議会活動の合間を縫って、支部や後援会のみなさんと一緒に宣伝、訪問活動、相談活動などに奮闘しています。

18・11事務所ニュースー2桜井ニュース11月―2

 

Home > 桜井ニュース > 補助金の増額、低コスト工法を普及し、住宅耐震化の促進へ