ホーム ホーム 日本共産党 お問合せ ツイッター
固定ページ

消費税10%増税ストップ! 日本を海外で戦争する国づくり許すな!

第4回区議会定例会で日本共産党は、安倍自公政権がすすめる消費税10%増税と海外で戦争をする国づくりに対し、区長の見解を問いました。 区長は「1年半先送りのあと、景気がどうあろうと消費税10%増税を実施すると断言している。総選挙では増税実施の是非が大きな争点となるとみている」と述べ、海外で戦争する国づくりでは、日米ガイドライン中間報告は、「日本周辺の米軍支援の周辺事態をすべて外し、地球上すべてが対象であるとした。戦闘・武力行使への歯止めを外し、その具体化されていくことに危惧を抱く」と述べました。2面は、区が特定健診、がん検診などの有料化を見直すと答弁。環境配慮型住宅リノベーション事業を地域経済の活性化に資するよう、使いやすいように検討すると答弁。3面は、都営下馬団地周辺地区の地区計画素案について、駒繋西自治会エリアの住民から「待った」の声あがる。4面は、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を、特定秘密保護法の廃止を、原発再稼働をやめよ、区議会に意見書提出を求める区民からの陳情が次々よせられ、区議会の委員会で審議されました。日本共産党は「採択」求める、自民・公明が「不採択」を主張。

14年12月事務所ニュース桜井ニュース12月号

Home > 桜井ニュース > 消費税10%増税ストップ! 日本を海外で戦争する国づくり許すな!

ツイッター