ホーム ホーム 日本共産党 お問合せ ツイッター

桜井ニュース Archive

太子堂出張所の混雑解消、三茶周辺の集会室利用の拡大を

太子堂出張所はいつも混んでいて使いづらいという声が上がっていました。そのために区は太子堂出張所の混雑解消のための狭あい化対策を進めることになりました。太子堂出張所の混雑解消に伴い、三軒茶屋区民集会所の第二会議室が使えなくなります。私、桜井みのるは、休止される第二会議室の代替え施設として、産業プラザの会議室を利用できるよう求め、区は「7月から一般区民に利用できるようにする」と回答しました。

桜井ニュース4月号19・4事務所ニュース

 

都営下馬アパート周辺地区が高さ15メートル以下になります

1面は、都営下馬団地の周辺地区での西澄寺周辺あたりの住宅地区は、住民の長年の運動で建物の高さが15メートル以下となります。今年4月に決定します。この取り組みには、私し桜井みのる区議も長年関わってきました。 2面は、「自共対決に打ち勝ち、区議6人全員当選を」春のつどいに120人

桜井ニュース3月号19・3事務所ニュース

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月までに、9施設789人分を整備します。

世田谷区は2015年から2025年に向けて特養ホームを1千人分つくる計画に取り組んでいます。
現在、2020年4月までに9施設789人分ができる目途がたっています。19・2事務所ニュース桜井ニュース2月号

2019年元旦 初詣宣伝をしました

1面 2019年1月1日、元旦に新年恒例の日本共産党の初詣宣伝を行いました。党支部や後援会員のみなさんと一緒に「明けましておめでとうございます。」と挨拶をしてました。 2面 支援が必要な家庭に、直接「食」を届ける事業が始まります。 区は、昨年12月の区議会常任委員会で、孤食や、栄養面で課題のある家庭に対し直接「食」を届ける支援を、今年7月から開始すること。

桜井ニュース1月号19・1事務所ニュース

 

 

 

 

 

エレベーターの設置 いよいよ2019年6月に使用開始

(1面)「安心して利用できる三軒茶屋駅を考える会」(浜田博 代表)は、12月4日に東急電鉄と話し合いを行いました。話し合いには、桜井みのる区議会議員も同席しました。この話し合いで、三軒茶屋駅南口のエレベーター使用が来年3月を予定していたが6月末に延びることが明らかとなりました。
(2面)三軒茶屋駅南口のエレベーター設置までの経過
2004年12月町会、商店会が連名で区長に要望書を提出、2008年9月桜井みのる区議が議会質問、2011年6月「安心して利用できる三軒茶屋駅を考える会」が駅南口にエレベーター設置を求める署名活動をスタートさせる……。

18・12エレベータービラ桜井ニュースエレベーター

区立小中学校の給食費一部無償化を提案

(1面)区議団はこの間、ひとり親家庭の切実な声などを区議会で取り上げ、子どもの貧困対策としての、就学援助の拡充を求めてきました。このたび区は「区立小中学校における保護者の教育費負担軽減を図るため」、就学援助を拡充し、学校給食無償化に踏み出す提案をしました。
(2面)集中豪雨から区民の命とくらしを守ります。 呑川増強幹線事業、蛇崩川増強幹線事業
・深沢地域 呑川増強幹線事業  深沢区民センターは、呑川緑道周辺の地域です。東京都は、集中豪雨で毎回のように水害被害が起こる呑川緑道周辺の対策として、呑川増強幹線整備事業を行います。時間75ミリ対応の下水道管を整備することとしました。
・弦巻、三軒茶屋地域 蛇崩川増強幹線事業  蛇崩川増強幹線事業は三軒茶屋2丁目の円山公園から弦巻3丁目の東公園までの1・8キロメートルに、地下30メートルに、直径5メートルの下水道管を設置し、4万2千立方メートルの貯水槽をつくります。

18・12事務所ニュース桜井ニュース12月号

 

 

ホーム > 桜井ニュース